韓国の勃起薬はザイデナきまり@勃起薬通販

韓国のジェネリック薬が差し止め

ジェネリック医薬品は多くの日本時が利用しています。価格が安く同じ効果が得られるということからとても注目されています。しかしその安全性の待ったがかかっていることを今私たちは知っておかないといけません。

 

ジェネリック医薬品が急速に広まったきっかけが、民主党政権時代の事業仕分けです。

 

その時に何もかもを節約しようという風潮があり、多くの国民がこの考えに賛成でした。

 

その時に医薬品に関する予算も減額されました。そのために医薬業界の進歩が遅れてしまうことが懸念され、その解決薬として海外から安い薬の成分を利用するジェネリック医薬品制度が始まりました。

 

うたい文句としては効果が証明された医薬品の主成分をそのままで製造方法や添加物を変えたものということです。ジェネリック医薬品が浸透して長い年月が過ぎた今、その安全性に疑問の声が上がっているのです。

 

大きく報道されてはいませんが2013年に韓国で製造されていた原薬を使用して製造した薬に販売停止命令が出ましたその理由は原薬を製造していた韓国の製薬会社が日本の基準に達していない製造方法でその原薬を製造していたからです。

 

その時は製造方法に問題があるが、成分的には体に害がないという理由から販売停止になりましたが、商品回収までには至っていないようです。海外の薬を使うということは、日本の厳しい基準に適していないことも想定されるのでジェネリック医薬品を使うときにはデメリットもしっかりと把握したうえで使うようにしましょう。